交通事故施術について

ホーム > 交通事故施術について
交通事故に遭われた方へ

交通事故後遺症の主な症状

交通事故の症状の「むちうち」は、初めて体験される方には非常に判断しにくい症状です。
特に筋肉、椎間板、神経などの損傷がおこりやすく、首(頚椎)部分が多いのが一般的です。

病院でレントゲンに異常がないといわれて、湿布と投薬での治療で痛みが改善されなかったり、
保険会社から早期に通院を終了するようにいわれた方、あきらめないで下さい。

当院では手技による施術に加え、超音波、微弱電流、ハイボルテージなど、
細やかな施術で少しでも早く楽になるように最善を尽くします。

このような症状があれば当院にご相談ください

  • 骨には異常がないと言われたのに体が痛い、だるい、重い。
  • 天候の変化や寒さ、湿度などの変化で体が痛む。
  • 夕方や朝方痛む。
  • 長時間の仕事や車の運転がつらい。
  • 頭痛、だるさ、無気力感、全身疲労、不眠を感じる。
  • 症状が良くなったり悪くなったりと一進一退。

交通事故に遭われた方へ

もうこれ以上、ガマンしないでください

交通事故が原因の痛み(むちうち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感)は長引いたり、
後から症状が出たりしますので、決して軽く考えないで下さい。

小さな事故でも身体には相当の衝撃が加わっていますので、しっかりとした早期の治療をお勧めします。

交通事故後遺症 治療の流れ

流れ1

保険会社へのご連絡

まず相手先の保険会社の担当の方に、当接骨院へ通院する旨の連絡を入れて下さい。

流れ2

ご来院

受付時間以内であれば、いつご来院していただいても大丈夫です。
念のため、初めてのご来院の前には、ご連絡(0586-76-2770)していただけると、受付がよりスムーズです。

流れ3

事故状況の確認や問診、および身体状態のチェック

事故の発生日時や発生状況、どこがどう痛いかなどを問診表に記入して頂きます。
その後、問診、触診、検査法などにより症状を把握します。

流れ4

手技及び理学療法

指圧、マッサージなどの手技療法に加え微弱電流、ハイボルテージ超音波などの電気療法、温熱療法にて施術。
症状によっては鍼、きゅう治療を併用し、早期改善に努めます。

流れ5

ご説明

治療後、再度状態をチェックし、日常生活動作の注意事項のご説明をさせていただきます。
同時に、次回来院日時をお伝え致します。

流れ6

施術後

その後は当院と保険会社の担当の方とで連絡を取り合い、経過報告をしながら施術を継続していきます。